タスコドーム タスコドーム タスコドーム タスコドーム タスコドーム タスコドーム タスコドーム 石炭ヤード タスコドーム

アクセスカウンター

資料請求&お問い合わせ

農業用ハウス 当社の農業用ハウスの施工実績をご紹介します

フリースタンディンググリーンハウス

農業ハウス 農業ハウス

大雪後に雪が頂上部に積もらず、しっかりと横に滑り落ちている例。

温暖化の影響により、今迄に想像出来なかった大雪や大きな台風等が今後も強くなってくると予想されます。従来の雪の乗る構造物は問題が強く生じて来ると思われます。

この写真は大雪の為除雪出来ずに雪が下から上がってきて約5メーターの高さのハウスに20cm以上雪が積もった写真です。本来は横を除雪すれば雪が落ちるのですが、除雪をしなかった為にこの様になりました。しかしハウスには何の問題も起こりませんでした。

倉庫や堆肥舎も構造的に雪が乗らない設計になっており、大きな雪にも風にも強度を保つ構造になっています。

【フリースタンディググリーンハウスの基本構造】

プロの農業人の求めていた革新的で、長持ちする園芸用ハウスです。環境に配慮した構造で、ハウス栽培を初めて取り組む方でも、苦労知らずのハウスです。

基本構造
1、アーチに使用する厚さ2.1mmのオーバル(楕円)管は、ゲイターシールドという特殊な3層構造の防錆加工を施してあります。外側はPOシートに馴染みのいい有機質でクリアコートを塗布してあります。30年以上の耐久性を持つ強固な骨組みです。 ※GatorshieldはAllid(アライド)社の登録商標です。
2、太陽光を拡散して92%を透過する特製シートを2重に取付けて、空気送風機で膨らませるダブルポリ構造です。光を拡散する事で内部の作物が受ける光量にムラが無くなり、ハウス内に最大の作付面積をもたらします。
3、自然界がもたらす激しい風雨、風雪、強風に対しても、ダブルポリ構造か完全に抑えるのでシートが大変長持ちし、4年以上取り替える必要はありません。
4、夏季は温度センサーを備えた天窓と、両側面の巻上げが内部環境を快適に保ちます。冬季には、ダブルポリ構造が絶大な断熱効果を発揮します。
アーチ間隔 タイバ 高さ
9.144m 1.219m なし 頂上部まで4.39m
1.524m あり タイバまで2.60m
10.66m 1.524m あり タイバまで2.89m

◇長さはアーチ間隔に応じて自由に選択できます。

農業ハウス

天窓用モーター

農業ハウス

空気送風機

【導入事例1】

用途 トマト栽培
施工主様 藤田牧場 藤田様(北海道浦河町)
サイズ 幅:10.668m 長さ:38.1m
(約123.1坪)
その他構造 妻面ポリカーボネイド

【導入事例2】

用途 ほうれんそう、チンゲンサイなど
施工主 田中様(北海道虻田町)
サイズ 幅:10.667m 長さ:45.720m
タイバまで高さ:2.89m
(約147.7坪)
その他構造 天窓(3相200V)
両側面手動巻上げ付

農業ハウス

大雪が降った後 (側面写真)
冬季との比較(雪をかぶってもつぶれていません。非常に頑丈です。)

農業ハウス

ハウス内では無加温でほうれん草などを栽培しています

横を除雪せず、雪が積もってしまったハウス。柱が折れるなど曲がるなどの問題はありませんでした。

図面(PDFファイル)

※図面をご覧いただくにはAdobe社のAcrobat readerが必要です。ソフトウェアはこちらから無料でダウンロードできます。

連棟式グリーンハウス

【連棟式グリーンハウスの基本構造】

エネルギーを効率的に使う為には連棟式のグリーンハウスをお勧めいたします。
少ない建設面積で多くの栽培と収穫を可能にする管理の楽なハウスです。太陽光を拡散して92%を透過する特製シートを2重に取付けて、空気送風機で膨らませるダブルポリ構造です。大変頑丈な構造なので冬期間の雪にも耐え、ダブルポリ構造なのでカロリーの少なない暖房設備でも安定性の高い温度管理を望めます。積雪は屋根と屋根の間に貯まり、溝に設置した温水暖房の熱で温められて水になり溝を流れ落ちていきます。

※完成して、ある程度使用してからでも、連棟を追加してグリーンハウスの面積を増やしていく事ができます。

アーチ間隔 タイバ 高さ
6.4008m 1.219mもしくは1.8288m あり タイバまで2.89m
7.3152m 1.219mもしくは1.8288m あり タイバまで2.89m

◇長さは角柱の間隔12rt(3.6576m)に応じて自由に選択できます。

ハウス詳細(PDFファイル)

※図面をご覧いただくにはAdobe社のAcrobat readerが必要です。ソフトウェアはこちらから無料でダウンロードできます。

お見積もり承ります。お気軽にお声がけください。お見積もりフォームはこちら

グリーンハウス

                    

【導入事例1】

用途 苗木栽培
施工主様 (カナダ)
サイズ
その他構造

グリーンハウスの特徴

永年の技術を基に、同社独自のオーバル(楕円)型アーチ、及び2枚のフィルム間に空気を保つ事で、保温性、遮光性に優れた2重フィルム方式を採用しております。

カナダ、アメリカ、そしてメキシコの厳しい自然に対応できるグリーンハウスを設計生産して、カナダ、アメリカ、メキシコ、北アフリカ、中近東、中国、日本などに輸出しています。

間ロ約9mから12mの農園芸用単棟グリーンハウスであるオーバルテック、大規模連棟グリーンハウスのノルディック、牛舎用の温室ハウスであるマキシドーム、そして倉庫、堆肥舎などの多目的構造であるメガドームなどを生産、販売しています。

ゲイターシールド(GGS)特殊防錆加工の特徴
(内部)耐腐食コーティング
(外側1層目)溶融亜鉛フロコー(R)層
薄い亜鉛の膜状コーティングです。亜鉛付着量170g/m2
(外側2層目)コンバージョン層
コーティングを馴染ませる為の皮膜
(外側3層目)透明オーガニック(有機質)層
外観がとてもきれいになり、外側に取り付くシートとの摩擦軽減の為の皮膜
※GatorshieldとFlo-CoatはAllied(アライド)社の登録商標です。
ゲイターシールドの耐性
■ソルトスプレーの吹きつけテスト(塩水噴霧試験)結果
※通常の亜鉛メッキ加工では480時間から576時間で錆びの初期症状が確認できるのに対して、ゲイターシールド加工は錆びの初期症状まで800時間以上かかります。

ノルディック連棟ハウス(天井部全開閉式)

【導入事例1】

用途 苗木栽培
用途 アスパラ栽培
施工主 株式会社アスワン様(北海道幕別町)
サイズ 幅:6.5m 長さ:65.83m
8連棟(約1037.3坪)
その他構造

ノルディック連棟ハウス(天井部開閉式)の特徴

必要に応じて屋根フィルムを頂上部まで巻き上げることができる、1枚フィルムで覆われた連棟ハウスです。雪が積もる前に、フィルムを頂上部まで巻き上げておきます。

チェーンブロック装置を使用して、地上で屋根フィルムを頂上部まで巻き上げられます。

アーチ間隔 タイバ 高さ
6.5024m 1.8288m あり タイバまで3.048m
7.3152m 1.8288m あり タイバまで3.048m

長さは角柱の間隔12ft(3.6576m)に応じて自由に選択できます。

お見積もり承ります。お気軽にお声がけください。お見積もりフォームはこちらから。

資料請求&お問い合わせ